かつ丼

かつ丼

かつ丼とは、揚げた豚カツを甘辛いタレと卵でとじてご飯の上にのせた日本の定番料理です。プロの料理人によるレシピや作り方を紹介します。

かつ丼の材料(分量:2人前)

  • 豚ロース肉 2枚(約300g)
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 小麦粉 適量
  • 卵 1個
  • パン粉 適量
  • サラダ油 適量
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 水 200ml
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 卵 2個
  • 青ねぎ 適量
  • ご飯 4膳分

かつ丼の作り方

  1. 豚肉は厚さ1cm程度に切り、塩こしょうをふる。小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
  2. フライパンに油を熱し、豚カツを両面きつね色になるまで揚げる。油をきって食べやすい大きさに切る。
  3. 玉ねぎは薄くスライスする。水、醤油、みりん、砂糖を混ぜたタレを鍋に入れて煮立てる。玉ねぎを加えて煮る。
  4. 卵は溶きほぐす。豚カツをタレに浸し、卵を回しかける。ふたをして弱火で卵がふわっとするまで蒸し煮る。
  5. ご飯を器に盛り、かつ丼の具をのせる。青ねぎを散らして完成。

かつ丼がより美味しくなるコツ

かつ丼のコツは、豚カツの衣をサクサクに仕上げることと、タレと卵のバランスをとることです。以下のポイントに注意してください。

  • 豚カツの衣は、小麦粉と卵をしっかりつけてからパン粉をまぶすと、衣がはがれにくくなります。また、パン粉は手で押さえてつけると、空気が入ってサクサクになります。
  • 豚カツを揚げるときは、油の温度を170℃~180℃に保ちます。高すぎると衣が焦げてしまい、低すぎると油を吸ってしまいます。揚げ時間は、厚さにもよりますが、約3分ずつで調整してください。
  • タレは、水と調味料の比率は1:1:1:0.5が目安です。水が多すぎると薄くなり、少なすぎると濃くなります。また、砂糖は少なめにして、甘さはみりんで調整すると、風味が良くなります。
  • 卵は、溶きほぐすときに泡立てないようにします。泡立てると、卵が固まりやすくなります。また、卵を回しかけるときは、豚カツの上にかけるのではなく、鍋の周りに流し込むと、卵が均等に広がります。
  • 卵の火加減は、弱火でふわっとするまで蒸し煮するのがポイントです。卵が固まりすぎると、かつ丼の食感が損なわれます。ふたをして蒸し煮するときは、卵の様子を見ながら調整してください。

おすすめの付け合わせやトッピング

かつ丼は、ご飯と具だけでも十分に満足できる料理ですが、付け合わせやトッピングを加えると、より一層楽しめます。以下のものをおすすめします。

  • 付け合わせ:かつ丼は、揚げ物とご飯の組み合わせなので、さっぱりとしたものが合います。例えば、キャベツの千切りやレタスのサラダ、漬物やキムチ、味噌汁やスープなどがおすすめです。
  • トッピング:かつ丼のトッピングは、好みに合わせて自由に変えることができます。例えば、青ねぎの代わりに刻んだシソや大葉、紅しょうがやわさびなどを散らすと、風味が変わります。また、チーズやマヨネーズ、カレー粉やケチャップなどをかけると、洋風にアレンジできます。

別の活用方法

かつ丼は、そのまま食べても美味しいですが、別の活用方法もあります。以下のものを試してみてください。

  • かつカレー:かつ丼の具をカレーの上にのせると、かつカレーになります。カレーは市販のルーを使っても良いですし、自分で作っても良いです。カレーの中には、じゃがいもやにんじんなどの野菜を入れると、栄養バランスが良くなります。
  • かつサンド:かつ丼の具をパンに挟むと、かつサンドになります。パンは食パンやロールパンなど、好きなものを選んでください。パンには、マヨネーズやマスタード、レタスやトマトなどを挟むと、味や食感が豊かになります。
  • かつ丼弁当:かつ丼の具を弁当箱に詰めると、かつ丼弁当になります。弁当箱には、ご飯の上にかつ丼の具をのせるだけでなく、付け合わせやデザートも入れてください。付け合わせは、前述のサラダや漬物などが良いです。デザートは、フルーツやヨーグルトなどがおすすめです。弁当箱には、ラップやアルミホイルでかつ丼の具を包むと、タレがこぼれないようにできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました