ソース・タレ・つゆ

一般的な定番レシピ「ソース・タレ・つゆ」

ソース・タレ・つゆ

豆腐ドレッシング

豆腐ドレッシングは、クリーミーさと穏やかな味わいは、サラダや野菜のドレッシングとして優れており、ヘルシーで栄養価も高いので、ダイエット中の人やカロリーが気になる人におすすめのドレッシングです。 こだわりのあるプロの料理人が、ヘルシーで美味しい豆腐ドレッシングのレシピをご紹介します。このドレッシングは、サラダはもちろん、グリルした鶏肉や魚料理にも合う万能な調味料です。
ソース・タレ・つゆ

冷やし中華のたれ

夏の暑い日にぴったりな冷やし中華のたれ。この爽やかなソースは、酢と醤油をベースにしており、ごま油や砂糖などの調味料を加えて作られます。さっぱりとした味わいが特徴で、冷やし中華の麺や具材に絡ませることで、さらなる一層の風味を加えます。 プロの中華料理人が教える、自宅で簡単にできる冷やし中華のたれをご紹介いたします。 より美味しくなるテクニックやトッピング、別の活用方法もご参考ください。
ソース・タレ・つゆ

甜麺醤(テンメンジャン)

甜麺醤(テンメンジャン)は、中華料理に使われる甘みのある調味料で、豆鼓(とうしゅ)や砂糖、甜菜醤(てんさい糖)などをベースにした風味豊かなソースです。深い甘みと豊かな香りが特徴で、炒め物や麺料理、あるいはサラダや煮込み料理の調味料として広く使われます。 プロが教える本格的な甜麺醤の作り方をご紹介いたします。 料理にこだわりがある人向けのレシピでコツは小麦粉はじっくりと炒め、五香粉は控えめにすることです。 このまろやかな味わいは、料理に深みを与え、甘みと風味を引き立てます。
ソース・タレ・つゆ

豆板醤(トウバンジャン)

豆板醤(トウバンジャン)は、中国料理で広く用いられる調味料で、辛さと深みのある風味が特徴です。唐辛子や発酵した豆をベースにしており、香辛料や調味料が絶妙にブレンドされています。 こだわりの強い人向けのプロの料理人による本格的な豆板醤(トウバンジャン)のレシピです。 保存容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、長期間使用することができます。 炒め物や煮込み料理、麺料理に加えることで、ピリ辛でコクのある風味を楽しむことができます。辛さや味の濃さは好みに応じて調整してください。
ソース・タレ・つゆ

ざるそばのつゆ

夏の風物詩、ざるそばのつゆは鰹節や昆布からとっただし汁に、醤油の深み、みりんのほんのりした甘さ、そして砂糖がほどよいまろやかさを加えます。冷たいそばと合わせて楽しむこのつゆは、暑い季節にぴったりの一品です。 本格的なざるそばのつゆは家庭でも手軽に作れて、冷たいそばとの相性は抜群。ネギやかいわれ大根、わさびなどをトッピングすれば、より一層の美味しさを楽しめます。 保存用に多めに作って冷蔵庫にしまっておくのも良いでしょう。
ソース・タレ・つゆ

ケチャップ

自家製のケチャップは、添加物や保存料が少なく、自然な風味を楽しむことができます。 プロの料理人が教える、少しこだわった自家製ケチャップのレシピをお教えいたします。 ケチャップにすべきトマトの選び方や、りんごを加えることでより一層深みのあるケチャップを作ることができます。 ハンバーガーやフライドポテトのお供としてはもちろん、肉料理やシーフード、パスタ、煮込み料理など、さまざまな料理に使えます。大量に作って冷蔵庫で保存しておくと家計的にも助かります。
ソース・タレ・つゆ

マヨネーズ

市販品よりもおいしいマヨネーズの作り方をプロがお教えいたします。自家製のマヨネーズは、市販品と比べて添加物や保存料が少なく、自分好みの味付けができるのでおすすめです。 サンドイッチやサラダのドレッシングにしたり、調理中や食べる直前に様々な料理にトッピングしたりと、幅広く利用できるのが特徴です。マヨネーズのクリーミーさや微妙な酸味が料理に深みとコクを与え、食欲をそそります。 節約術として、大量に作り家で保存しておくのもおすすめです。
ソース・タレ・つゆ

餃子のたれ

市販品にも負けない、家でつくれる餃子のたれの作り方を伝授いたします。 餃子のたれがより美味しくなるコツやトッピング、別の活用方法もご参考ください。 餃子のたれは、甘み、酸味、辛さ、そしてコクが絶妙に混ざり合い、餃子に深みと奥行きを与えます。様々なアレンジが利くため、お好みで黒コショウ(ブラックペッパー)やごまを加えることで、辛味や風味をアレンジすることもできます。餃子以外にも、焼肉や炒め物などにも合わせて使うことができます。
ソース・タレ・つゆ

みりん

プロが教える本格的なみりんをご紹介いたします。料理にこだわりがある人向けのレシピです。 みりんは料理に使うことで、食材のうまみを引き立てるだけでなく、独特のコクやまろやかな甘みを与え、風味深い味わいを創り出します。煮物や炒め物、煮魚、たれやソース、マリネなど、さまざまな料理に幅広く活用されています。 保存する際には、清潔な瓶に移し替えて冷蔵庫で保存しましょう。通常のみりんと同様に数週間から数か月間使用することができます。なお、味の濃さや甘さはお好みで調整してください。
ソース・タレ・つゆ

めんつゆ

こだわりの強いプロの料理人が教える、市販品に負けない、おいしいめんつゆのレシピをご紹介します。 鰹節や昆布などの素材から取っただしに、醤油やみりん、砂糖などを組み合わせたつゆは、さまざまな料理に使えます。 そのまま麺つゆとして利用するほか、お好みで水や出汁と薄めてスープや炒め物の味付けに使ったり、冷奴や揚げ物のたれとしても活用できます。手軽に使える万能な調味料でありながら、素材の風味を生かしたさっぱりとした味わいが特徴です。 「こんぶの30分浸す」「かつお節をこす」「弱火で5分煮る」をすることで、買わなくてもたくさん作ることができ、保存もききます。
タイトルとURLをコピーしました