北京ダック(鶏肉)

北京ダックの特徴は、脆皮の鶏肉が、通常、特別な調理法で調理され、脂身の一部が溶け出し、皮がパリッとした食感に仕上がることです。その後、鶏肉は小麦粉の薄いパンケーキに包み、一緒に食べます。一般的な具材には、薄切りのねぎ、甜麺醤(甘麺醤)、キュウリ、にんにく醤などが使用され、それらの組み合わせが北京ダック(鶏肉)の風味を際立たせます。

本来はアヒルを使用しますが、今回は手軽に鶏肉で作る方法をご紹介します。

鶏肉でつくる北京ダックの材料 (分量:2人前)

  • 鶏もも肉: 2枚
  • ホイシンソース: 大さじ4
  • はちみつ: 大さじ2
  • しょうゆ: 大さじ2
  • 五香粉: 小さじ1
  • 白ワインビネガー: 大さじ1
  • きゅうり: 1本(細切り)
  • ネギ: 1本(細切り)
  • 中華パンケーキ: 8枚

鶏肉でつくる北京ダックの作り方

  1. 鶏もも肉の皮をフォークで軽く刺し、余分な脂を取り除きます。
  2. ホイシンソース、はちみつ、しょうゆ、五香粉、白ワインビネガーを混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。
  3. 鶏肉をマリネ液に漬け込み、冷蔵庫で最低2時間、できれば一晩置きます。
  4. オーブンを200度に予熱し、鶏肉の皮面を上にして焼きます。
  5. 皮がパリパリになり、中まで火が通ったら取り出します。
  6. 鶏肉を薄くスライスし、中華パンケーキにきゅうり、ネギと共に巻いていただきます。

鶏肉でつくる北京ダックがより美味しくなるコツ

  • 皮を軽く刺すことで、焼いた時に余分な脂が落ち、皮がパリパリに仕上がります。
  • マリネ液に一晩漬け込むことで、味がしっかりと肉に染み込みます。
  • 焼く際は、皮が焦げないように注意しながら、定期的にチェックしてください。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • ホイシンソースを追加で用意し、ダックを巻く際に塗ると、風味が増します。
  • きゅうりやネギは新鮮なものを選び、シャキシャキ感を楽しんでください。

別の料理活用方法

  • 残ったマリネ液は、他の肉料理のマリネや炒め物の調味料としても使用できます。
  • 焼き上がった鶏肉は、サラダのトッピングや、炒飯の具材としても美味しくいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました