もつ鍋

もつ鍋の特徴は、もつの柔らかさとコリコリとした食感、そしてだしの風味です。鍋に具材を入れ、だしで煮込むことで、野菜や豆腐、もつが美味しさを引き立てます。

ポン酢やゴマダレといったたれと一緒に食べることが多く、その風味が料理を一層美味しくしてくれます。
もつの下処理やだしの質、具材の順番にこだわることで本格的なお店のもつ鍋になります。

もつ鍋の材料 (分量:2人前)

  • 牛もつ…300g
  • 白菜…200g
  • 長ねぎ…2本
  • しいたけ…4個
  • ちゃんぽん麺…2玉
  • 豆腐…1丁
  • だし
    • 水…1200ml
    • 昆布…1枚
    • 干し椎茸…2枚
    • 酒…大さじ2
    • みりん…大さじ2
    • 醤油…大さじ2

もつ鍋の作り方

  1. 昆布と干し椎茸を水に一晩浸しておき、翌日それを火にかけてだしを取る。
  2. 白菜、長ねぎ、しいたけを食べやすい大きさに切る。
  3. だしを沸騰させ、酒、みりん、醤油を加えて味付けをする。
  4. 牛もつを加えて煮込み、アクを取りながら柔らかくなるまで煮る。
  5. 野菜を加えて煮込み、最後に豆腐とちゃんぽん麺を加えて煮る。

もつ鍋がより美味しくなるコツ

  1. もつの下処理:もつは事前に塩でもみ洗いし、熱湯でさっと茹でることで臭みを取り除きます。
  2. だしの質:昆布と干し椎茸から取った自家製だしを使用することで、風味が格段にアップします。
  3. 味付けのバランス:酒、みりん、醤油の割合を調整し、甘辛さのバランスを整えます。
  4. 具材の順番:もつを先に煮込むことで、だしに旨味が溶け出し、野菜にも味が染み込みます。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • ポン酢
  • もみじおろし
  • 刻みネギ

別の料理活用方法

  1. もつ鍋の残りでチゲ風スープ:残ったスープにキムチを加えて、チゲ風スープとして楽しむ。
  2. もつ鍋の具材でビビンバ:もつ鍋の具材をご飯の上にのせ、コチュジャンを加えてビビンバ風にアレンジする。
  3. もつ鍋の具材でおじや:もつ鍋の具材と残りのスープでおじやを作り、温かい一品として楽しむ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました