蕃椒醤 (コチュジャン)

プロが教える自家製蕃椒醤 (コチュジャン)の作り方!
保存容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、長期間使用することができるので、多めに作り自分の好みに熟成させて育てるのもおすすめです。

蕃椒醤 (コチュジャン)は、韓国料理でよく使用される伝統的な調味料で、唐辛子、発酵された大豆、米、塩を混ぜて作られる辛味と深い旨味を持つソースです。韓国料理の多くに使用され、特に焼肉や炒め物、スープ、マリネ、また生野菜との組み合わせなど、多岐にわたる料理に使われます。

蕃椒醤 (コチュジャン)の材料 (分量:2人前)

  • 乾燥唐辛子: 100g
  • もち米粉: 100g
  • 麦芽粉: 50g
  • 塩: 大さじ1
  • 水: 500ml
  • 砂糖: 50g

蕃椒醤 (コチュジャン)の作り方

  1. 乾燥唐辛子を水で戻し、種を取り除いて細かく切る。
  2. もち米粉と麦芽粉を水で溶き、弱火でかき混ぜながら加熱し、ペースト状にする。
  3. 唐辛子、塩、砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。
  4. 混ぜた材料を密閉できる容器に入れ、室温で発酵させる。発酵期間は1週間程度。
  5. 発酵が進んだら、冷蔵庫で保存し、味が落ち着くまでさらに数日間熟成させる。

蕃椒醤 (コチュジャン)がより美味しくなるコツ

  • 唐辛子は辛さの好みに応じて量を調整してください。
  • もち米粉と麦芽粉の割合を変えることで、甘みと粘り気のバランスを調整できます。
  • 発酵は温度に敏感なので、暖かい場所で行うと良いでしょう。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • コチュジャンはビビンバや冷麺に欠かせない調味料です。
  • 野菜スティックや餃子のディップとしてもおすすめです。
  • 焼肉のタレとしても、ピリッとした辛さが楽しめます。

別の料理活用方法

  • コチュジャンをベースにしたマリネ液で肉や魚を漬け込むと、風味豊かな料理が作れます。
  • 炒め物やスープに少量加えると、深い味わいが加わります。
  • ドレッシングやソースに混ぜると、新しい味のアクセントになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました