基本のビビン麺レシピ

ビビン麺、新しい風味をお求めの方にぴったりな韓国料理。冷たい麺がピリ辛のゴチュジャンタレと絡み合い、新鮮な野菜、卵、肉が彩りを添え、見た目も鮮やか。アレンジ次第で個性を引き立て、自分好みの一皿に仕上げられます。

麺には、うどんやそうめん、さらには刀削麺などもおすすめ。具材には、キュウリやキムチ、アボカド、キノコ、さらには柚子胡椒やごま油を加えても美味。仕上げには、ピーナツやパクチーをトッピングしても良いでしょう。個性的な具材を組み合わせて、オリジナルのビビン麺を楽しんでみてください。夏の食卓に彩りと爽やかさをプラスする一皿です。

**材料(2人分):**

– 乾麺(春雨麺またはこんにゃく麺):200g
– キュウリ(せん切り):1本
– キムチ:1カップ分
– ほうれん草:50g
– 鶏むね肉(茹でて細切り):100g
– 卵:2個
– コリアンダーまたは青ねぎ(みじん切り)、ごま:適量

**ビビン麺用のゴチュジャンソース:**

– コチュジャン(赤唐辛子ペースト):大さじ3
– ごま油:大さじ1
– しょうゆ:大さじ1
– 砂糖:大さじ1
– 酢:大さじ1
– にんにく(みじん切り):1片分
– 生姜(みじん切り):1片分

**手順:**

1. 鍋に水を沸かし、乾麺を茹でます。茹で時間はパッケージに従ってください。茹で上がったら冷水でよく洗い、水気を切ります。

2. 卵を茹でて固めにゆで、冷水で冷やしてから薄切りにします。

3. キムチを刻み、ほうれん草とレタスを千切りにします。

4. ボウルにゴチュジャン、ごま油、しょうゆ、砂糖、酢、にんにく、生姜を混ぜてビビン麺用のソースを作ります。

5. 冷やした麺を器に盛り、上にキュウリ、キムチ、鶏むね肉、卵、レタスなどの具材をトップします。

6. 最後にゴチュジャンソースをかけ、ミョンガまたは青ねぎのみじん切りを散らして完成です。

ビビン麺は夏にぴったりのさっぱりと辛い一品で、具材や辛さの調整はお好みで行えます。お好みの具材を追加したり、減らしたりして、自分好みのビビン麺を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました