サンラータン(酸辣湯)

サンラータン(酸辣湯)は、中国料理の中でも特に有名なスープで、その名前の通り、酸味と辛味が特徴の料理です。鶏ガラスープをベースに、レモングラス、唐辛子、生姜、にんにくなどの香辛料と調味料が加えられます。さらに、酢を使って酸味を引き立て、豆腐や長ネギなどの具材が入っています。

プロの料理人がこだわりのある素材選びと調理法で、酸味と辛味が絶妙にマッチしたサンラータンをご紹介。

サンラータン(酸辣湯)の材料 (分量:2人前)

  • 鶏胸肉…150g
  • 竹の子…100g
  • 木耳…5g(乾燥したもの)
  • 卵…1個
  • 豆腐…100g
  • 長ねぎ…1本
  • 鶏ガラスープ…600ml
  • 米酢…大さじ2
  • 豆板醤…小さじ1
  • 片栗粉…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • 白胡椒…少々
  • ごま油…小さじ1

サンラータン(酸辣湯)の作り方

  1. 鶏胸肉は薄切りにし、塩少々で下味をつける。
  2. 木耳は水で戻し、細切りにする。竹の子も細切りにする。
  3. 鍋に鶏ガラスープを沸かし、鶏肉、竹の子、木耳を加えて煮る。
  4. 米酢、豆板醤、しょうゆで味付けをし、白胡椒で風味を加える。
  5. 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、溶き卵を流し入れる。
  6. 火を止め、ごま油を回しかける。

サンラータン(酸辣湯)がより美味しくなるコツ

  • 鶏肉は薄切りにすることで、スープに旨味が溶け出しやすくなります。
  • 米酢と豆板醤の量はお好みで調整し、酸味と辛味のバランスを取ることが大切です。
  • とろみはサンラータンの食感を左右するので、水溶き片栗粉の量を調整してください。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • 刻みネギ
  • コリアンダー
  • 焼き海苔

別の料理活用方法

  1. サンラータンの残りでチャーハン:残ったスープでご飯を炒め、サンラータン風チャーハンにする。
  2. サンラータンのスープで麺:残ったスープで麺を茹で、酸辣湯麺にする。
  3. サンラータンの具材で春巻き:具材を春巻きの皮で包み、揚げて春巻きにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました