広島風お好み焼き

AIが選ぶ、最も人気や口コミが良くおいしいと評価された広島風お好み焼きのレシピ。

広島風お好み焼きは、もちもちとした生地にキャベツや豚肉、もやし、麺などの具材を重ね、鉄板で層になって焼き上げる独特のスタイルを持つ日本の料理です。層になった具材が見た目も美しく、食感も豊かであり、深いコクと香ばしさを楽しむことができます。

地域ごとの特色や食材の組み合わせによりバリエーションも豊富で、丁寧に焼き上げられたこの料理は、広島を代表するご当地グルメとして親しまれています。

広島風お好み焼きの材料 (分量:2人前)

  • 薄力粉: 100g
  • 水: 160ml
  • キャベツ(細切り): 400g
  • もやし: 1袋
  • 紅しょうが: 適量
  • 青ネギ(小口切り): 適量
  • お好み焼きソース: 適量
  • マヨネーズ: 適量
  • かつお節: 適量
  • 青のり: 適量
  • 豚バラ肉(薄切り): 100g
  • 焼きそば麺: 2玉
  • 卵: 2個

広島風お好み焼きの作り方

  1. 薄力粉と水を混ぜて生地を作り、薄く円形に広げてフライパンで焼きます。
  2. 生地の上にキャベツ、もやし、紅しょうが、青ネギをたっぷりとのせます。
  3. 豚バラ肉を上に並べ、蓋をして蒸し焼きにします。
  4. 別のフライパンで焼きそば麺を焼き、お好み焼きソースで味付けします。
  5. 生地と具材が焼けたら、その上に焼きそばをのせます。
  6. 最後に生地をもう一枚焼き、それを焼きそばの上にのせ、卵を割り入れて蓋をして焼きます。
  7. 卵が半熟状態になったら、全体をひっくり返して盛り付け、お好み焼きソース、マヨネーズ、かつお節、青のりをかけて完成です。

広島風お好み焼きがより美味しくなるコツ

  • キャベツともやしは新鮮なものを使用し、たっぷりとのせることで食感とボリュームが出ます。
  • 焼きそばはしっかりと焼き、ソースで味をしっかりつけることが大切です。
  • 卵は最後に加え、蒸し焼きにすることでふわっと仕上がります。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • お好みでマヨネーズをかけると、まろやかな味わいになります。
  • かつお節と青のりをたっぷりとかけると、香りが増して一層美味しくなります。
  • お好みでピクルスやサラダを添えると、食感のアクセントになります。

別の料理活用方法

  • 広島風お好み焼きを冷ましてからサンドイッチの具材としても楽しめます。
  • 小さく切っておつまみやお弁当の一品としても最適です。
  • 残ったお好み焼きは、翌日トースターで温め直すと、焼きたての美味しさが蘇ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました