はしまき

AIが選ぶ、最も人気や口コミが良くおいしいと評価されたはしまきのレシピ。

お祭りや屋台などで売られるはしまきは、一般的にはお好み焼きの具材を割り箸で巻いたものを指します。歩きながら食べれるファーストフード風お好み焼きのような料理です。
がっつり濃いめの味付けで、子供からも大人気!お好み焼きと同様にビールにも合います。

はしまきの材料 (分量:2人前)

– 薄力粉またはお好み焼き粉: 200g
– 水: 300ml
– キャベツ: 1/4個
– 長ねぎ: 1本
– もやし: 適量
– 桜えび: 適量(任意)
– はしまき用の割り箸: 適量
– お好み焼きソース: 適量
– マヨネーズ: 適量
– 青のり、青ねぎ、紅生姜: 適量

はしまきの作り方

1. ボウルにお好み焼き粉と水を入れ、よく混ぜてお好み焼きの生地を作ります。
2. キャベツは細かく切り、長ねぎは薄切りにします。
3. フライパンを熱し、生地を流し入れます。
4. 生地の上にキャベツ、ねぎ、もやし、さくらえびをのせます(さくらえびは使用しなくても可)。
5. 生地が膨らんできたら、割り箸を生地に差し込み、生地を巻きつけます。
6. はしまきを返し、もう一方の面も焼きます。
7. はしまきの上にお好み焼きソースとマヨネーズをかけ、青のりを散らして完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました