豚の角煮

AIが選ぶ、最も人気や口コミが良くおいしいと評価された豚の角煮のレシピ。

豚の角煮は、肉が柔らかく煮えた美味しい料理で、豚バラ肉や豚のほほ肉を醤油やみりん、砂糖などで煮込んだ日本の伝統料理です。この料理は、豚肉が煮汁の甘みをたっぷり吸収し、口の中でほろりと崩れるほど柔らかく仕上がりお酒のつまみにもおすすめです。

付け合わせには、煮汁で煮た玉ねぎや大根、半熟の味付け卵を添えると相性が良く、煮汁を使ってご飯を炊くことで角煮風の炊き込みご飯を楽しむこともできます。

豚の角煮の材料 (分量:2人前)

  • 豚バラ肉(ブロック): 500g
  • 生姜(薄切り): 5枚
  • ネギの青い部分: 1本
  • にんにく: 2片
  • 醤油: 100ml
  • みりん: 100ml
  • 砂糖: 50g
  • 日本酒: 100ml
  • 水: 500ml

豚の角煮の作り方

  1. 豚バラ肉は一度湯通しして、表面の余分な脂とアクを取り除きます。
  2. 鍋に水と生姜、ネギ、にんにくを入れ、沸騰したら豚バラ肉を加えます。
  3. 弱火で1時間ほど煮込み、肉が柔らかくなったら、醤油、みりん、砂糖、日本酒を加えます。
  4. 落とし蓋をして、さらに1時間ほど煮込みます。
  5. 煮汁が半分くらいになるまで煮詰めたら、火から下ろします。

豚の角煮がより美味しくなるコツ

  • 豚バラ肉は、事前に湯通しすることで臭みを取り除き、よりクリーンな味わいになります。
  • 煮込む際は、弱火でじっくりと時間をかけることがポイントです。
  • 落とし蓋をすることで、肉に均等に熱が行き渡り、柔らかくなります。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • 白ごはんと一緒に、刻んだ青ネギや紅しょうがを添えると良いでしょう。
  • おろし大根を添えると、さっぱりとした味わいが加わります。
  • 煮卵を加えると、ボリュームと味のバリエーションが増します。

別の料理活用方法

  • 豚の角煮を細かく刻んで、チャーハンやおにぎりの具としても美味しくいただけます。
  • パンと一緒にサンドイッチの具材としても楽しめます。
  • 残った煮汁は、うどんやそばのつゆとして再利用すると、風味豊かな一品になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました