赤飯

赤飯とは、もち米に小豆を加えて炊いたお米のことです。日本では祝い事やお祭りなどの際に食べられる伝統的な料理です。赤飯の色は小豆の色素によるもので、縁起が良いとされています。赤飯はシンプルな材料で作れますが、プロの料理人ならではのコツやアレンジを紹介します。

赤飯の材料(分量:2人前)

  • もち米 300g
  • 小豆 50g
  • 水 500ml
  • 塩 小さじ1/2

赤飯の作り方

  1. 小豆は洗って水に浸けておきます。もち米は研いでざるにあげます。
  2. 圧力鍋に水と塩を入れて沸騰させます。小豆を加えてふたをしめます。強火で10分間加圧します。
  3. 圧力鍋の圧力が下がったら、ふたを開けてもち米を加えます。もち米が水に浸るようにかき混ぜます。ふたをしめて再び強火で10分間加圧します。
  4. 圧力鍋の圧力が下がったら、ふたを開けて赤飯をかき混ぜます。もち米がふっくらとしていれば完成です。器に盛ってお召し上がりください。

赤飯がより美味しくなるコツ

赤飯を作るときには、以下の点に注意してください。

  • 小豆は水に浸ける時間が長いほど、色が出やすくなります。前日に水に浸けておくと良いでしょう。
  • もち米は研ぎすぎないようにしましょう。研ぎすぎるともち米の粘りが失われてしまいます。水が澄んできたら、ざるにあげて水気を切ります。
  • 圧力鍋を使うと、小豆ともち米の加熱時間が短縮できます。圧力鍋がない場合は、普通の鍋で炊くこともできますが、小豆ともち米の炊き方を別々にする必要があります。

おすすめの付け合わせやトッピング

赤飯はそのままでも美味しいですが、付け合わせやトッピングを加えると、さらに風味が増します。以下のものがおすすめです。

  • 黒ごま:黒ごまは赤飯の色と対照的で、見た目にも美しいです。黒ごまにはカルシウムや鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。赤飯にふりかけて食べましょう。
  • 切り干し大根:切り干し大根は赤飯の甘さと相性が良いです。切り干し大根には食物繊維やビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。切り干し大根は水で戻してから、醤油やみりんで煮ておきます。赤飯の上にのせて食べましょう。
  • 梅干し:梅干しは赤飯の酸味と相性が良いです。梅干しにはクエン酸やビタミンB1などの栄養素が豊富に含まれています。梅干しは種を取って細かく刻んでおきます。赤飯に混ぜ込んで食べましょう。

別の活用方法

赤飯はそのまま食べるだけでなく、別の料理にも活用できます。以下のものがおすすめです。

  • 赤飯おにぎり:赤飯をおにぎりにすると、持ち運びやすくなります。赤飯を手に取って丸めます。お好みで海苔を巻いても良いでしょう。お弁当やおやつにぴったりです。
  • 赤飯チーズ焼き:赤飯にチーズを加えて焼くと、とろける食感と濃厚な味わいになります。赤飯を耐熱皿に入れて平らにします。ピザ用チーズをふりかけて、オーブンで10分ほど焼きます。焼き色がついたら出来上がりです。
  • 赤飯スープ:赤飯をスープに入れると、ほっこりとした温かい料理になります。赤飯をお茶碗に入れておきます。鶏ガラスープや味噌汁などのスープを作ります。スープにお好みの具材を加えて煮ます。赤飯の上にスープをかけて食べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました