カレー

カレーの材料(分量:2人前)

  • 牛肉 200g
  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 1本
  • じゃがいも 2個
  • カレールー 100g
  • 水 500ml
  • サラダ油 大さじ2
  • 塩・こしょう 適量

カレーの作り方

  1. 牛肉は一口大に切ります。玉ねぎはくし切りにします。にんじんは乱切りにします。じゃがいもは一口大に切ります。
  2. 鍋にサラダ油を熱して、牛肉を炒めます。色が変わったら、塩・こしょうで味付けして取り出します。
  3. 同じ鍋に玉ねぎを入れて炒めます。しんなりしたら、にんじんとじゃがいもを加えて炒めます。
  4. 水を加えて煮立たせます。アクを取り除きます。
  5. カレールーを割って入れて、溶けるまでかき混ぜます。
  6. 牛肉を戻して、弱火で15分ほど煮込みます。ルーがとろみをつけたら完成です。ご飯にかけてお召し上がりください。

カレーがより美味しくなるコツ

カレーを作るときには、以下の点に注意してください。

  • 牛肉は赤身の部位を選びましょう。脂身が多いとカレーが油っぽくなります。牛肉は炒める前に水気を拭き取っておくと、焼き色がつきやすくなります。
  • 玉ねぎはよく炒めましょう。玉ねぎを炒めることで、甘みや旨みが出ます。玉ねぎが透き通ってきたら、弱火でじっくりと炒めます。玉ねぎが茶色くなるまで炒めると、カレーの味に深みが出ます。
  • カレールーは水に溶かさずに直接入れましょう。水に溶かすと、ルーのとろみが弱くなります。ルーは割って入れて、火にかけたままかき混ぜます。ルーが溶けたら、火を弱めて煮込みます。

おすすめの付け合わせやトッピング

カレーはそのままでも美味しいですが、付け合わせやトッピングを加えると、さらに風味が増します。以下のものがおすすめです。

  • フライドオニオン:フライドオニオンはカレーの食感と相性が良いです。フライドオニオンにはカリウムやビタミンB6などの栄養素が豊富に含まれています。フライドオニオンは市販のものを使っても良いですが、自家製のものはさらに香ばしいです。玉ねぎを薄くスライスして、小麦粉をまぶして油で揚げます。カレーの上にふりかけて食べましょう。
  • チーズ:チーズはカレーの濃厚さと相性が良いです。チーズにはカルシウムやタンパク質などの栄養素が豊富に含まれています。チーズはピザ用チーズやスライスチーズなどを使っても良いですが、クリームチーズやカマンベールチーズなどのものはさらにとろける感じになります。チーズはカレーの上にのせて、レンジでチンするか、オーブンで焼いても良いです。
  • 卵:卵はカレーのまろやかさと相性が良いです。卵にはビタミンAや鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。卵はゆで卵や目玉焼きなどを使っても良いですが、温泉卵や半熟卵などのものはさらにとろとろになります。卵はカレーの上にのせて食べましょう。

別の活用方法

カレーはそのまま食べるだけでなく、別の料理にも活用できます。以下のものがおすすめです。

  • カレーうどん:カレーうどんとは、カレーをうどんの汁にした料理です。カレーうどんは温かくて体に優しい料理です。カレーを水で薄めて煮立たせます。うどんを茹でて、カレーの中に入れます。お好みでネギやかつお節をトッピングして食べましょう。
  • カレーパン:カレーパンとは、カレーをパン生地で包んで揚げた料理です。カレーパンはサクサクとした食感とカレーの味が楽しめる料理です。カレーは固めに作っておきます。パン生地を伸ばして、カレーを包みます。パン粉をまぶして油で揚げます。冷めないうちに食べましょう。
  • カレー炒飯:カレー炒飯とは、カレーをご飯に混ぜて炒めた料理です。カレー炒飯はカレーの風味とご飯のふっくらさが楽しめる料理です。カレーは水で薄めておきます。フライパンに油を熱して、ご飯を炒めます。カレーを加えて、ご飯とよく混ぜます。お好みで卵やハムなどの具材を加えても良いです。塩・こしょうで味を調えます。お皿に盛って食べましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました