生春巻き

プロの中華料理人が、彩鮮やかで映える新鮮でヘルシーな生春巻きのレシピをご紹介します。
食べやすいため、生春巻きを前菜として出すと、おしゃれ感やこだわり感を演出できます。

ライスペーパーは柔らかくなりすぎないように注意することや色鮮やかで新鮮なハーブを使用することで、プロレベルの生春巻きが出来あがります。
パクチー(コリアンダー)好きな方は、一緒に巻いても美味しくいただけます。

生春巻きの材料 (分量:2人前)

  • ライスペーパー 4枚
  • エビ 8尾(ゆでて殻を剥く)
  • レタス 4枚
  • ミントの葉 8枚
  • バジルの葉 8枚
  • ビーフン 50g(茹でて冷ます)
  • きゅうり 1本(細切り)
  • にんじん 1/2本(細切り)
  • アボカド 1/2個(スライス)

生春巻きの作り方

  1. ライスペーパーをぬるま湯に数秒浸し、柔らかくしてから取り出します。
  2. ライスペーパーの上にレタス、ミント、バジルを敷き、その上にビーフン、きゅうり、にんじん、アボカドを並べます。
  3. エビを2尾ずつ配置し、ライスペーパーを手前から巻いていきます。
  4. 両端を内側に折りながら、具材が見えるように軽く巻き上げます。

生春巻きがより美味しくなるコツ

  • ライスペーパーは柔らかくなりすぎないように注意し、扱いやすい程度に保ちます。
  • 新鮮なハーブを使用することで、香り高い春巻きになります。
  • エビはしっかりと冷ましてから使用することで、食感が良くなります。

おすすめの付け合わせやトッピング

  • ピーナッツソースやヌクチャム(ベトナムの魚醤ベースのソース)を添えると、風味が増します。
  • 刻んだピーナッツやフライドオニオンをトッピングすると、食感のアクセントになります。

別の料理活用方法

  • 残った具材はサラダに混ぜても美味しくいただけます。
  • ライスペーパーを使って、野菜や肉を包んで焼くと、ヘルシーな変わり種の春巻きが楽しめます。

このレシピをもとに、皆様の料理の腕を振るってみてください。色鮮やかな生春巻きで、食卓に彩りを加えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました